設計や建築業者ととことん話し合う

最初の設計段階が最も重要

完全自由設計で家づくりをする注文住宅では、最初に行われる設計が最も重要な段階と言われています。この段階においていかにして家に対する思いを図面に落とし込んでいけるかが成功のカギを握るといっても過言ではありません。このためこの段階で設計士と十分にコミュニケーションをとることが大切となります。ただ、多くの人は設計士というと敷居の高いイメージがあり、遠慮がちになってしまう傾向にありますが、全くそんな必要はありません。むしろ設計の段階で遠慮してしまっては失敗のもととなってしまいます。どんな些細なことでもよいのです。遠慮せずに積極的に要望などを設計士に伝えておくことが、理想的な家を手に入れるための第一歩となります。

建築業者ともコミュニケーションを図ろう

また設計完成後は家の建築を担う建築業者とコミュニケーションを図っていくことも重要です。そのためにはこまめに建築現場へ足を運ぶことが大切となります。建築現場では完成した図面に従って建築が進められていきますが、このとき、思い描いていたイメージとは異なってくるケースも出てきます。そんな時にはここでも遠慮せずに建築業者に相談することが大切です。建築中における設計変更については、一定の範囲内であれば対応が可能としていることが多くあります。したがって、建築中において気になったことがあれば、積極的に建築業者へ声をかけるようにしましょう。また図面では調整しきれない細かい要素については、この建築現場において調整することが多いので、その意味でも建築業者と積極的にコミュニケーションをしておきましょう。

分譲住宅というものは、あらかじめコストが明確に判明していてトータルの予算を計算しやすい点が良いと言われています。

© Copyright Housing Association.All Rights Reserved.